トップページ > あおうまクッキング > 2014年8月号:「青トマトの天ぷら」と「トマトソース」

あおうまクッキング

あおもりの郷土料理や、青森県産品を使ったお料理の数々、調理のコツなど、分かりやすく動画レシピで毎月ご紹介します。


「青トマトの天ぷら」と「トマトソース」


 今回は、野菜料理研究家の 斎藤 とま江 さん に、「青トマトの天ぷら」と「トマトソース」を教えていただきました。斉藤流トマトソースは、炒めない事により、トマトの味がよりピュアに、飽きない味に仕上がります!

このコンテンツを表示するには
最新バージョンの Macromedia Flash Player が必要です。
以下のサイトからダウンロードしてください。
howムービーが表示されないときは?

材料
青トマトの天ぷら
  青トマト(※) 適量
  天ぷら粉 適量
  揚げ油 適量
※熟していない青トマトには「トマチン」という毒性のある成分が含まれています。料理には、成熟している青いトマトをご利用下さい。
  写真

トマトソース
(作りやすい分量)
  トマト 1.2〜1.5kg
  玉ねぎ 中1コ(みじん切り)
  にんにく 2片
  バジル 数枚
  黒コショウ 小1/2くらい
  ローレル 1枚
  ブイヨン 2個
  少々
     
  写真

作り方

青トマトの天ぷら

  1. 青トマトは1cm程に切り、袋に入れて天ぷら粉を薄くまぶします。
  2. ボウルに天ぷら粉を少し厚めに水でとき、1. を絡めます。
  3. 2. を揚げます。

トマトソース

  1. トマトは皮ごと適当な大きさに切り、玉ねぎはみじん切り、にんにくはガーリックプレスでつぶすかみじん切りにします。黒こしょうとローレル、バジルは手でちぎって、全ての材料を大きめのフライパン(フッ素加工)に入れ、煮つめます。
  2. ずっと強火で良いのですが、煮つまってくるとだんだんとろみになってハネ ますので、火は徐々に弱くして下さい。
  3. 様子を見ながら時々かきまぜます。あまりかきまぜない事。アクとりは不要です。煮つめるうちに消えてしまいます。それと、アクは大事な 効能の素です。
  4. この分量でしたら、30分くらいで煮つまります。 火を止めたら、ヘラで1分くらい大きくかきまわして蒸気を飛ばして下さい。 (しっかり煮つまります)
  5. 煮つまったら味見し、塩を少々加えます。
  • にんにくはお好みでもう少し多くてもOK!
  • バジルは生がなければ乾燥物を小さじ2
  • お好みで、ナツメグ、クローブなどの香辛料もどうぞ
howムービーが表示されないときは
ムービーを表示するためには、最新バージョンの Macromedia Flash Player が必要です。右のサイトからダウンロードしてください。

掲載日 2014.8.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.