トップページ > あおうまクッキング > 2010年5月号:絵巻ずし(さざんか巻き)

あおうまクッキング

あおもりの郷土料理や、青森県産品を使ったお料理の数々、調理のコツなど、分かりやすく動画レシピで毎月ご紹介します。


絵巻ずし(さざんか巻き)


 今回は、田植えや行楽などみんなで集まる時に振る舞われる「絵巻ずし」を、五所川原市の 今さんに教えていただきます!

howムービーが表示されないときは?

材料

≪すし飯≫(※米一升から絵巻ずし5本)
うるち米 8カップ
もち米 2カップ
砂糖 400g
100cc
少々

≪絵巻ずし(さざんか巻き)≫1本分
刻んだ梅干し(または赤シソのふりかけ) 大さじ1
紅しょうが 適量
山ごぼう漬け 1本
野沢菜漬け(またはほうれん草) 2本
焼き海苔 2と3/4枚
すし飯 約3カップ
  写真

作り方

【すし飯】

  1. 米は洗って、約30分浸水させた後水切りし、炊く。
  2. お米が炊きあがったら、炊飯器に分量の合わせ酢を入れ、すこし蒸らす。
  3. まんべんなく混ぜ、冷ましておく。

【さざんか巻き】

  1. ひと握りのすし飯に梅干し(または赤シソのふりかけ)を混ぜ合わせ、 花びら用にピンク色にする。
  2. のりは4等分の大きさに切り、1のすし飯で細巻き5本作る。山ごぼうを芯にして花を作る。
  3. まきすの上にのり1枚と半分を1cm重ねて縦長に置き、手前と向こう端を2cm残してすし飯をのせ、その向こうにすし飯で2本の山を作る。花の片面と2本の山に1枚ののりをかぶせ、山と谷をきちっと形作る。
  4. 向こう端の山に、2でつくった細巻きを置き、山と山の間にはつぼみとなる紅しょうがを入れ、その上に野沢菜(またはほうれん草)をのせる。中の具を包み込むようにして、外側ののりを合わせまきすできっちり巻く。これを1cm幅に切る。



howムービーが表示されないときは
ムービーを表示するためには、最新バージョンの Macromedia Flash Player が必要です。右のサイトからダウンロードしてください。

掲載日 2010.5.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.