トップページ > あおうまクッキング > 2010年4月号:春の味「ばっけみそ」と「ほっけのつみれ汁」

あおうまクッキング

あおもりの郷土料理や、青森県産品を使ったお料理の数々、調理のコツなど、分かりやすく動画レシピで毎月ご紹介します。


春の味「ばっけ味噌」と「ほっけのつみれ汁」


 今回は、あおもりの春の味「ばっけ味噌」と「ほっけのつみれ汁」を、鯵ヶ沢町の 尾崎さんと工藤さんに教えていただきます!

howムービーが表示されないときは?

材料

【ばっけ味噌】(作りやすい分量)
フキノトウ(ばっけ) 10こ
味噌 100g
みりん 50cc
50cc
砂糖 大さじ3
すり胡桃 大さじ2〜3
  写真

【ほっけのつみれ汁】(作りやすい分量)
ほっけ 3匹
味噌 200g
1個
すり下ろしたながいも 大さじ2
片栗粉 大さじ2
  写真

作り方

【ばっけ味噌】
  1. ばっけは水にさらしておく。
  2. 塩一つまみを入れた熱湯に、ばっけを入れ2〜3分茹でる。
  3. お湯から上げ、流水で洗いざるに上げる。
  4. つぼみを取ったもの3:つぼみの付いているもの1の割合で使用。細かく切ったら軽く絞っておく。
  5. 鍋に味噌・みりん・酒を入れよく混ぜ合わせ、一煮立ちさせる。少し冷ましたら、細かく切ったばっけ、砂糖とすり胡桃を入れ混ぜ合わせる。

《尾崎さんから》
昔は、胡桃等は入れませんでしたが、胡桃のつぶつぶの食感が楽しいのと味がよくなるので入れています。海の駅「わんど」でも販売しています。


【ほっけのつみれ汁】

  1. ほっけは3枚におろし、細かく切ってから、叩く。
  2. 大分細かくなったら、すり鉢入れ良く擂る。
  3. 卵を入れ、混ぜ合わせ、次ぎにながいもを入れ、良く混ざったら味噌を混ぜ合わせる。
  4. 片栗粉を大さじ2杯入れ混ぜる。
  5. 鍋に昆布を入れ、沸騰前に引き上げ、火を強め、沸騰したらほっけのつみれを入れる。浮き上がってきたら出来上がり。
  6. 椀にアオサ(海草)を入れつみれ、出汁を入れ完成。

《工藤さんから》
味噌は少し多めでも、出汁に塩分が回り、出汁に調味料を加えなくても、味噌の塩分でちょうど良くなります。ほっけのつみれが食卓に出るようになれば、「あぁ、海も春だなぁ」と思います。


施設のご案内

海の駅「わんど」
鯵ヶ沢町近海で獲れた新鮮な魚介類、地元農家の皆さんが丹精込めて育てた季節野菜など、鰺ヶ沢町の美味しい食材が手に入る人気の産直施設です。
〒038-2753 西津軽郡鰺ヶ沢町大字本町246-4
TEL:0173-72-7887
http://www.ajigasawa.info/wando/uminoekitop.html


howムービーが表示されないときは
ムービーを表示するためには、最新バージョンの Macromedia Flash Player が必要です。右のサイトからダウンロードしてください。

掲載日 2010.4.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.