トップページ > あおうまクッキング > 2010年3月号:焼き畑農業で作る「そば」

あおうまクッキング

あおもりの郷土料理や、青森県産品を使ったお料理の数々、調理のコツなど、分かりやすく動画レシピで毎月ご紹介します。


焼き畑農業で作る「そば」


 今回は、焼き畑農業を復活させ蕎麦作りに取り組んだ八戸市南郷地区の話題をお知らせします。

howムービーが表示されないときは?

材料
【そば】(作りやすい分量)
 そば粉 500g
 (打ち粉) (50g)
 水 200cc
《つゆ》(すまし)  
 味噌 適量
 煮干し、昆布、にんじん、ごぼう、水 適量
  写真

作り方

  1. すましを用意する
    つゆは昔ながらの「すまし」を使う。
    お湯の中に味噌を溶かし、火にかけ、ぷくぷくとしだしたらさらしにいれ、ポタポタとゆっくり漉す。(昔は醤油が貴重品だったため、すましを醤油代わりにしていた。)
  2. そばを打つ
    そば粉450gに、水200ccを入れてよくこねる。生地がしっとりしてきたら、残りのそば粉50gを入れて更にこねる。(10分間位)ひとつにまとめ、板状にのばし、切っていく。
  3. つゆを用意する
    こんぶ、いわしの煮干し、にんじん、ごぼうでとったダシに、1のすましをあわせ、つゆを用意する。
  4. そばをゆでる
    沸騰した湯に麺をパラパラとほぐしながら入れる。麺が浮いてきてから少し煮たら、鍋に水を回し入れ、すぐに麺をあげて、冷水に放し、麺のぬめりを取りながら、数回水を替えて洗い、ざるにあげる。
  5. ゆであげたそばに3のつゆをかけ、ネギを散らす。

施設のご案内

農業体験施設「山の楽校」
田舎暮らしを体験できる交流施設。そば打ち、豆腐・味噌作り、炭焼きが体験できます。
住所:青森県八戸市南郷区大字島守字北ノ畑6−2
TEL:0178−82−2222
山の楽校「焼き畑日記」http://yakihata.jugem.jp/


howムービーが表示されないときは
ムービーを表示するためには、最新バージョンの Macromedia Flash Player が必要です。右のサイトからダウンロードしてください。

掲載日 2010.3.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.