トップページ > 知る > 【特集】あおもりの旬 > 2013年6月号「深浦マグロステーキ丼」

特集:あおもりの旬 2013年6月号「深浦マグロステーキ丼」

 県内一の漁獲量を誇る深浦町で獲れた本マグロ「深浦マグロ」を使った新しいご当地グルメ、「深浦マグロステーキ丼」(6月14日デビュー)をご紹介します。

写真 写真

深浦町はマグロ水揚げ量が県内一!

地図イラスト 青森県内では、豪快な一本釣りで有名な「大間マグロ」をはじめ、津軽半島の先端にある竜飛岬周辺の海域で水揚げされる「海峡マグロ」も近年人気が高まりつつありますが、青森県最西端で世界遺産白神山地に抱かれ、日本海に面した深浦町は、県内一の本マグロの漁獲量を誇ります。
 平成24年度の青森県全体のマグロ漁獲量は約1,027t(平成24年青森県海面漁業に関する調査報告書より抜粋)。うち、深浦町で漁獲された量は471tと、県全体の約46%を占めるほどマグロが多く漁獲されています。

写真
県内のマグロ水揚げの約半数を占める
写真
天然本マグロ「深浦マグロ」

深浦産マグロの特徴

 深浦町で水揚げされるマグロのほとんどは、日本で消費される数種のマグロの中でも最高級の天然本マグロ(くろまぐろ)です。
 深浦町では、例年5月頃から11月頃まで漁獲され、6~7月にピークを迎えます。
 漁法は、大間は1本釣りや延縄漁に対し、深浦は、7月までは定置網漁・延縄漁、8月以降は1本釣り・延縄漁が主流で、50kg前後のものが多く水揚げされます。深浦産マグロは県内の他地域に比べてやや小ぶりですが、ほどよく脂が乗り、味の良さには定評があります。
 また、津軽海峡で獲れるマグロに比べ漁期が長いので、年間を通して新鮮なマグロを味わうことができます。


「深浦マグロステーキ丼」デビューのきっかけ

 元々は、深浦町特産の食材を使った町ならではの食を提供し、県内外から観光客を呼び込めないかという町関係者の思いからスタートしました。
 全国の新OMOTENASHIご当地グルメをプロデュースしている㈱リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンターのヒロ中田氏の助言を受けながら、参加店の料理長や生産団体・町関係者で話し合いの場を持ち、何度も試作を重ねました。
 試行錯誤を繰り返し、ようやく完成したのが「深浦マグロステーキ丼」、愛称「マグステ丼」です。


「深浦マグロステーキ丼」とは


 深浦マグロステーキ丼とは、一度に3種のマグロ丼が楽しめるマグロづくしのどんぶり御膳です。
 白米をベースにした3種類の丼に、深浦産の天然本マグロの刺身、ジンギスカン鍋で片面焼きにしたミディアムレアなマグロ、しっかり焼き色が付いた両面焼きのマグロに各たれをつけ、どんぶりの上に乗せると完成です。
写真
マグロづくしの3種類の丼
写真
お刺身と焼きで楽しむ天然本マグロ
写真
ジンギスカン鍋で季節の野菜も焼いて

 マグロ以外の食材も、できるだけ地産地消にこだわっており、丼に使用しているお米はもちろん、刺身丼に使用されている長芋は、町内産長芋(ネバリスター)を使用しています。
 また、汁物は町特産品の「つるつるわかめ」を使用、その他、季節の香の物・デザートまで、できるだけ深浦町産の食材を使用することとしています。

写真
深浦町特産品「つるつるわかめ」の汁碗
写真
深浦町特産「雪にんじん」など
深浦町産の食材をとことん使用
 更に、ご飯茶碗やタレ皿、デザートグラスまで各店統一するという徹底ぶり。箸置きは、オリジナルのマグロ型箸置き。今回のマグステ丼デビューに当たり、参加店「匠屋」のオーナーが1つ1つ手作りしたものだそうです。 写真
オリジナルのマグロ型箸置き

「深浦マグロステーキ丼」が食べられるお店

 「深浦マグロステーキ丼」ですが、当初は5月14日にお披露目を予定していましたが、例年よりも海水温が低いことなどからマグロの水揚げが遅れたため、デビュー日を6月14日に延期しました。
 6月14日以降は、下記町内7店舗で「深浦マグロステーキ丼」が食べられます。各店共、共通ルールに基づいた統一メニューとしていますが、両面焼きのたれや汁物、香の物、デザートは各店独自にアレンジしているため、各店舗で異なるマグステ丼が楽しめます。
 「チーム深浦」が一致団結して完成させた新しいご当地グルメ「深浦マグロステーキ丼」。ぜひ、各店オリジナルのマグステ丼をご賞味ください。

地図イラスト「深浦マグロステーキ丼が食べられるお店」

  • 右の「のぼり」を掲げているお店が目印です。
匠屋(たくみや)
住所:深浦町関字豊田6-6
TEL :0173-76-3630
食べ物屋セイリング
住所:深浦町深浦字苗代沢78-34
TEL :0173-74-3068
サンセットハウス
住所:深浦町深浦字岡崎228-1
TEL :0173-74-4335
広〆(ひろしめ)
住所:深浦町深浦字岡崎146-2
TEL :0173-74-2255
黄金崎不老ふ死温泉
住所:深浦町舮作字下清滝15
TEL :0173-74-3500
レストラン カミリア(ウェスパ椿山内)
住所:深浦町舮作字鍋石226-1
TEL :0173-75-2261
レストラン アカショウビン(アオーネ白神十二湖内)
住所:深浦町松神字下浜松14
TEL :0173-77-3311

販売価格

全店共通 1膳 1,200円(税込)

お問い合わせ先

深浦マグロ料理推進協議会(事務局)
電話番号:0173-74-2211
HPアドレス:http://www.fukauramaguro.com/



掲載日 2013.6.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.