トップページ > 知る > 【特集】あおもりの旬 > あおもりの旬 2009年11月号「八戸前沖さば」

東北新幹線「はやて」に乗って青森のうまいものたちを食べに行こう!特集:あおもりの旬 2009年11月号「八戸前沖さば」

 北の海の厳しさが育んだ「八戸前沖さば」が美味しい季節を迎えています。

八戸前沖さばとは

 全国で生産されている「しめサバ」の約8割を生産している八戸市。八戸市の緯度は、北緯40度30分、国内のサバの主漁港としては、最北端に位置します。サバのおいしさの決め手である粗脂肪分は、海水温が18度以下で高くなるといわれており、その点、この海域は秋口の早い時期から海水温が急激に下がるので、品質・食味ともに市場から高い評価を受けています。

写真 「八戸前沖さば」とは、「八戸前沖さばブランド推進協議会」が認定した期間に、三陸沖の漁場で漁獲され、八戸港に水揚げされたサバのことを言います。ブランドとして認定する漁獲期間は、八戸前沖さばの価値や品質を維持するために、水揚げ状況や粗脂肪分、重量等を参考にしながら協議会が毎年判断して決定します。

  平成19年認定期間 8月8日〜11月1日
  平成20年認定期間 8月2日〜12月2日
  平成21年認定期間 8月24日〜認定中

 八戸前沖のサバは、沿岸に生息する「真サバ」と沖合に生息する「ゴマサバ」の2種類で、「真さば」は、肉質が締まっていて、シメサバに適しています。一方「ゴマサバ」は、肉質が柔らかいため、焼き物に適しています。脂肪分が増える時期も異なり、「ゴマサバ」は「真サバ」より1ヶ月程度早く脂肪分が増えると言われています。

写真 さらに、「八戸前沖さば」の中でも特に大型のさばのことを「銀鯖」ブランドとして認定しています。「銀鯖」は重量(550g以上)を目安に判断しますが、水揚げ状況等を加味し毎年協議会が決定します。

  平成20年認定重量  550g以上
  平成21年認定重量  550g以上


八戸前沖さばブランド推進協議会のきっかけ

 八戸市は、昔から全国有数のサバの産地であることから、このサバの価値を高め、観光の目玉とした地域活性化ができないか関係者が検討を重ねてきました。 
 こうした中で、平成19年に八戸商工会議所「はちのへ観光誘客推進委員会」の事業開発部会が中心となり、産官学56団体による「八戸前沖さばブランド推進協議会」を発足させ、八戸前沖で漁獲されるサバの食味を含めた品質の高さを証明するとともに、地域ブランド形成に向けた活動を推進することとしました。
  協議会では、これらの活動の一環として、八戸前沖さばの漁獲期間の認定のほか、「八戸前沖さば」や「銀鯖」のロゴ、キャッチフレーズ、販促資材の作成、八戸オリジナルサバ料理の発掘のための料理コンテストなどを実施しています。


「八戸前沖さば」のおいしさの秘密

その1 粗脂肪分がとにかく多い

 トップシーズンに八戸前沖で漁獲される600g以上のサバには、粗脂肪分30%に達するものがあります。また、400g程度の小さい魚体でも粗脂肪分15%以上になります。標準的な真サバの脂肪分は12.%程度とされているので、八戸前沖さばの粗脂肪分がいかに高いかということがわかります。

その2 不飽和脂肪酸が豊富

 サバの粗脂肪分には、EPA・DHAという不飽和脂肪酸が含まれていますが、その含有量は粗脂肪分が高くなると増加するという特徴があります。八戸の水産加工会社が2006年10月に実施した調査によると、600g以上のサバでマグロに匹敵する不飽和脂肪酸が含まれていることがわかりました。

グラフ

その3 漁場が近く、新鮮!!

 「サバの生き腐れ」という言葉があるように、サバは傷みやすい魚です。八戸前沖さばは、八戸漁港から数キロ離れた沖合の漁場で漁獲されるため、新鮮なうちに水揚げすることができます。


おいしい「八戸前沖さば」をお店で食べる

八戸前沖 サバの駅 (トップページ写真撮影協力)

  • 業種:寿司と地魚料理
  • 住所:〒031-0033 八戸市六日町12 大松ビル1F
  • 代表者:代表/沢上 弘
  • TEL:0178-24-3839
  • URL:
    http://hachinohe-sabanoeki.com/
  • 営業時間:17:00〜0:00(L.O 23:30)
  • 定休日:日曜日、年末年始
写真 銀サバの串焼き(1本 420円) ※サバの駅いちおしの1品です。
写真 棒寿し(4かん 1,050円)
※脂のたっぷりのった大型の銀サバを使用。使用しているお米にもこだわっています。
写真 刺身3種ちょこっと盛り
※しめさば、醤油づけ、味噌じめの3種類特に味噌じめは、サバの駅オリジナルのおすすめの1品です。
写真 船棟サバの刺身(サバの駅限定) ※船内急速冷凍の鮮度抜群のサバの刺身。 写真 サバーガー(420円)
※カリッとあげたサバーグを特製米粉のバンズに挟んで食べる裏メニュー。

日本の味 俵屋

  • 業種:すし業
  • 住所:〒031−0822 青森県八戸市白銀町字姥畑9−2
  • 代表者:代表/沢上 弘
  • TEL:0178−33−6161、FAX:0178−35−2090
  • URL:http://www.tawaraya-nippon.com/
  • 主なサバメニュー: サバ菊花寿し(1,000円)、サバ棒寿し(1,260円)、サバみそカツ丼(750円)、サバづくし料理(3,000円)、他多数
  • 営業時間: 昼11:30〜14:00 夜16:00〜21:30(ラストオーダー)
  • 定休日:月曜日

魚食主義 きんき

  • 業種:飲食業
  • 住所:〒031−0034 青森県八戸市大字鷹匠小路18 金剛ビル3F
  • 代表者:代表取締役/大久保 喜幸
  • TEL:0178−44−6787、FAX:0178−46−3324
  • URL:http://www.kongou-group.com/kongou/
  • 主なサバメニュー:〆鯖(440円) 他
  • 営業時間:17:00〜23:00(ラストオーダー)
  • 定休日:日曜日

居酒屋 弁慶・旬・十三日町店

  • 業種:飲食業
  • 住所:〒031−0042 青森県八戸市十三日町29−2
  • 代表者:店長/角地山 正美
  • TEL:0178−44−8966、FAX:0178−45−4434
  • URL:http://www.benkei-h.com
  • 営業時間:ランチ 11:00〜16:00、居酒屋 17:00〜 0:00(金・土〜2:00)
  • 定休日:なし
  • 主なサバメニュー:シメサバ刺(525円)、サバたたき(578円)他
  • その他取扱店舗:居酒屋 弁慶
    下長店(八戸市下長5−84)TEL:0178−29−4751
    青葉店(八戸市青葉3−31−7)TEL:0178−22−8280
    白山台店(八戸市北白山台4−12−23)TEL:0178−70−7705
    夢の大橋店(八戸市大字湊町字大沢32−2) TEL:0178−38−7155
    青森浜田店(青森市浜田3丁目1-1 ドリームタウンALi2階)TEL:017-729-0090

イサバのかっちゃの店 肴町のらぷらざ亭

  • 業種:飲食業
  • 住所:〒031−0033 青森県八戸市六日町13
  • 代表者:代表/小笠原 美千代
  • TEL:0178−72−5587、 FAX:0178−72−5586
  • URL:http://ra-plazatei.com/
  • 主なサバメニュー:しめさば(700円)/サバのみそ煮(700円)/サバの一夜干し(700円)他
  • 営業時間:ランチ11:30〜14:00、夜17:00〜24:00
  • 定休日:年中無休(但し、日曜はランチ休み)

日本料理 太一

  • 業種:日本料理店
  • 住所:〒031−0031 八戸市番町35−15
  • 代表者:代表取締役/宮崎 正志
  • TEL:0178−45−3210、FAX:0178−45−3218
  • URL:http://ta-ichi.jp/
  • 主なサバメニュー:〆鯖(880円)、鯖寿し(980円) 他
  • 営業時間:昼11:30〜14:00、夜17:00〜22:00
  • 定休日:日曜日

寿司 四季食彩工房 にゅう高男

  • 業種:飲食業
  • 住所:〒031−0081  八戸市柏崎6−25−13
  • 代表者:代表取締役社長/田中 高男
  • TEL:0178−22−3511、FAX:0178−22−3778
  • 主なサバメニュー:〆鯖(800円)/鯖の雀揚げ(700円)/鯖寿司(半身・10カン・2人前 2,000円)/その他各種要望に応じてご相談ください
  • 営業時間: 昼 11:30〜14:00、 夜 17:00〜22:00
  • 定休日: 月1回 不定休

回転寿司 すし市

  • 業種:飲食店
  • 住所:〒039−1101 八戸市尻内町舘田1−1
  • 代表者:取締役/大沼 慎市
  • TEL:0178−70−7103
  • メニュー紹介:シメサバ、にぎり寿司、サバ棒寿司 等

味の店 鬼門

  • 住所:八戸市鷹匠小路17−1
  • 代表者:店主 浪岡 志津代
  • TEL:0178−44−7356、FAX:0178−25−6700
  • 八戸前沖さばの用途:シメサバ、さば焼き、さばシャブ 等

居酒屋 がんこおやじ

  • 住所:八戸市湊町本町1−1
  • 代表者:岡沼 宏和
  • TEL:0178−33−3538、FAX:0178−34−1267
  • URL:http://ganko-oyaji.net/
  • 主なメニュー:シメサバ、焼きサバ、味噌煮 等

関西料理 鮨 ぼてじゅう

  • 業種:飲食業
  • 住所:八戸市鷹匠小路3
  • 代表者:代表取締役/田中 裕伸
  • TEL:0178−43−1961 FAX :0178−45−3765
  • URL:http://www.botejuu.com/
  • 主なメニュー:〆鯖刺(840円)、〆鯖握り(1カン 150円)、サバのみそ煮(630円)等
  • 営業時間:ランチ 11:30〜14:00  ディナー 17:00〜23:30(L.O.22:00)
  • 席数:100席
  • 定休日:なし

屋台村 寿庵

  • 住所:八戸市六日町10−1 みろく横丁内
  • 代表者:店主 前田 美津子
  • 主なメニュー:シメサバ、味噌煮、串焼き、つみれ汁、フキ煮 他

八戸前沖さばを購入する

写真サバの冷燻
 「金撰 鯖の冷燻」は脂ののった旬の八戸前沖さばを熟練の燻製技術を生かし桜のチップで燻しました。青森県八戸前沖さばの脂の甘みを活かし、生に近い状態でスモークする「冷燻」製法で作られていますので、とろけるような食感と芳香な香りが十分に堪能できます。酒の肴にぴったりです。

【ディメールのネット通販】
はちのへ丸『鯖の冷燻』八戸前沖秋鯖 > 鯖の冷燻


写真サバップル
「八戸前沖さば」と青森県の特産品「りんご」、横浜町の特産品「なたね油」のコラボレーションにより誕生した「サバップル」は、八戸市内の千葉学園高校調理科3年、山本香織さんが考案、階上町の「菓子工房美松」が製品化。

【販売場所】八戸駅前ユートリー、道の駅はしかみ
【問い合せ先】菓子工房美松(青森県三戸郡階上町耳ヶ吠7−18 電話・FAX:0178−88−2130)


八戸前沖さば関連イベントなど

第3回八戸前沖さばアイデア料理コンテスト最終審査

 八戸前沖さばブランド推進協議会の主催により、八戸オリジナルのサバ料理発掘、八戸市民をはじめとする一般の方向けへのサバ料理を普及するために「第3回八戸前沖さばアイデア料理コンテスト」が開催されており、下記日程で最終審査が行われます。

 【日時】
平成21年11月3日(火)祝日
10:30〜13:00…審査および展示
13:30………………表彰式
 【場所】
八食センター催事場(八戸市河原木字神才22−2)



バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.