トップページ > 知る > 【連載】産地レポート > 2009年5月号:お花見とガサエビ…蝦名正昭さん(青森市)

産地レポート 〜 生産者の声 〜

お花見とガサエビ…蝦名正昭さん(青森市)

写真

 今年の桜の開花日は弘前公園で4月18日、青森の合浦公園が4月21日だった。津軽のお花見に欠かせないのが、「ガサエビ」。

 一般には「シャコ」と呼ばれているが、青森では「ガサエビ」。「エビ」と付くが、「海老」の仲間ではなく、シャコ科の甲殻類である。江戸時代には茹で上がったときの紫褐色が花の「シャクナゲ」に似ていると言われ、「シャクナゲ(シャクナギ)」と呼ばれていたという。

写真
水揚げされたガサエビ
写真
シャクナギと呼ばれた
写真
カマキリのような捕脚
写真
オス
写真
メス:首に三本線があります
写真
尾の中の黄色は卵

 味は、淡泊で、筋肉質で歯ごたえがあって美味しい。今注目の美肌の元、コラーゲンが多い。癖が無いため、食べやすく、すし・天ぷら・酢の物等、料理を嫌わない。
 青森では、一般的に塩茹だ。そのまま食べると甘さが強く感じられ、ことのほか美味しい。醤油・酒・少しの砂糖で茹でる人もいる。この時期、産卵期前であるためメスは卵を抱いている。コリコリとした食感が楽しめる。
 青森産の特徴は、全長が15センチ〜20センチほどで、他の地域で水揚されるモノよりも大きいという。

写真
天ぷらで…
写真
わさび醤油で…
写真
握りで…

写真 青森市沖400〜500mほどで漁をしている蝦名正昭さん。
 10年近く、市街に近い漁場で「ガサエビ」を捕っている。青森市内でも漁は行われているのだ。

写真
海上より浅虫方面を見る
写真
県観光物産館が見えます
写真
合浦公園沖で操業

 ガサエビは刺し網で漁をする。ガサエビは10m〜30mの浅瀬に生息し、夜行性であるため、夜、巣穴近くに来るエビや小魚、カニ、貝等を食べる。天候が悪く漁が出来なければ、網に入ったガサエビは、エサが食べられず痩せる。それ故、天候の善し悪しには神経を使う。

写真 仕掛けておいた網を引き上げると次々と「ガサエビ」が上がってくる。今年は豊漁だという。カレイ・アイナメ・ナマコ等も上がってくる。ナマコは10月から4月までが猟期となっている。
 巻き取られた網は、船上に渡したパイプに掛けられていく。網はカーテン状となり、さながら「ガサエビ」のカーテンとなっていく。中には元気の良いのがいて、体操選手のごとく伸び縮みし、脱出を企てる。
 船では、蝦名さんはじめ3人で作業する。2人が網を引き上げている間、蝦名さんは、網が絡まぬように、潮目を見ながら舵を握る。

写真
ナマコの猟期でもあります
写真
ドラムで巻き取る
写真
棒に掛けていく
写真
捕まっちゃった!
写真
体操選手のごとく
写真
網の状態を見ながら舵をきる

 船上では港に帰る間に、網から外し、「ガサエビ」の選別をしながら帰ってくる。「ガサエビ」は大・小の2種類に分けられる。
 水揚げした「ガサエビ」は出荷用の箱に入れられ、濡れた新聞紙で覆う。死ぬと自ら消化酵素を出し、自分の身を溶かしてしまという。それ故、鮮度が重要なのだ。

写真
網から外す

写真
水揚げ
写真
船上で選別する
写真
出荷の箱詰め作業
写真
市場出荷は5kg詰め
写真
乾かないように
濡れた新聞紙で覆う

  朝7:30。出荷のトラックがやってくる。水揚げ・出荷が済むと、網の始末をする。次の漁のとき海中に張る網だ。 網の糸は、細い。破れた糸が、絡まって解しにくそうに見えるのだが、永年の、解しポイントを見つける目と手慣れたカギ状のツメで、あっと言う間に解いていく。

写真
網の整理
写真
絡んだ網を解す
写真
今年は豊漁

写真 サラリーマンだった蝦名さんは、退職後、義父の後を継いで漁を始めた。蝦名さんは、これからは、生食用だけでなく、もっと付加価値を付け売っていかなくてはいけな、そのためには、限りある資源をどのように守っていくかも課題だと話す。
  「ガサエビ」は、6月いっぱい、むつ湾内で水揚げされる。

ガサエビの茹で方

  1. 写真水できれいに洗う。
  2. 鍋にお湯を沸かし、沸騰したら、塩・酒を入れ、ガサエビを入れる。
  3. 茹で時間は大体15分程度、心配な方は、ガサエビの耳を折って食べてみる。火が通っていれば大丈夫。

ガサエビのむき方

  1. 頭をキッチンハサミで切り落とす。
  2. 両サイドをハサミで切る。
  3. 尾を三角形に切る。
  4. 尾の方から開いていく。
写真


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.