トップページ > 知る > 【連載】産地レポート > 2014年1月号:コンパニオンプランツで作ったレトルトの有機JASのとうもろこしピューレ・・・今ファミリーファーム(鰺ヶ沢町)

産地レポート 〜 生産者の声 〜

コンパニオンプランツで作ったレトルトの有機JASのとうもろこしピューレ・・・今ファミリーファーム(鰺ヶ沢町)

写真

写真

写真

 めっきりと寒くなってきた。 青森は、これからの長い間、雪に閉される。こんな時期にぴったりなのが、甘くてやさしい味の温かい「コーンスープ」!

 トウモロコシの主成分はでんぷんで、たんぱく質、脂質、糖質の他、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEもバランスよく含まれている。ビタミンEはビタミンのなかで最も強い抗酸化作用を持ち、 血行を良くし、冷えにも良い。 体内で合成されない血中コレステロール値や中性脂肪値を下げる作用があるリノール酸もたっぷり含まれている。

 本格的にコーンスープを作ろうとすると、とても手間が掛るが、トウモロコシのピューレを使うと意外と簡単に出来る。
 今回ご紹介するのは、今ファミリー農園の夏の美味しさを閉じ込めた添加物無のレトルトパックの「とうもろこしピューレ」。

写真
加工を手掛けるまごころ農場

写真
衛生的な加工場

 鰺ヶ沢町の今ファミリー農園の 今 道代さん。白神山地が見守る農園でコンパニオンプランツで作ったとうもろこしピューレをレトルトパックにして販売している。

 なるべく農薬を使わずには、自然の力を借りて栽培したいと思い実践してきた今さん。 主力のリンゴも父の代から長い間、無農薬で作ってきた。リンゴもトウモロコシも有機JASも取得した。

写真
リンゴで有機JAS取得

写真
未来ライフが完熟して
落ちてもいいようにネットで

 リンゴに限らず、農産物の栽培には、極力農薬や化学肥料は使いたくないと思っている。 そこで、取り組んでいるのが、コンパニオンプランツによる栽培。
 コンパニオンプランツとは、植物や昆虫といった自然の力を借りて栽培する方法。 種類の違う植物同士を近くに植えることによって病害虫の発生を防ぎ、生育が良くなり、食用植物の風味が増すなど、互いに良い影響を及ぼし相共栄する。市販の農薬のように「効果テキメン!」とはいかないが、少しでも農薬を減らしたいと考えて取り組んでいる人達に支持されている。

 今さんは、トウモロコシ畑の真ん中に、大豆を植えている。

写真
真ん中枝豆、左右トウモロコシ

写真
トウモロコシ2列豆3列

 エダマメはトウモロコシの害虫・フキノメイガを、トウモロコシはエダマメの害虫・カメムシをそれぞれ遠ざける。 同じように、トマトやピーマン はニラと、キュウリはネギを植えることにより、土壌病害を防ぎ、生育を促進し、連作障害も防ぐ。

写真
ニラの花とピーマン

写真
キュウリはネギと

写真
ニラの花

 目には見えぬが、野菜同士が助け合って生きる畑。今さんが目指したものだ。

写真

 出来た作物に見た目の違いはないが、作り手の意識がしっかり入った作物は、温かさが違う。 そんなことを思いつつ、作るコーンスープは、より温かい。

写真
パッケージはシンプル。

 今年のとうもろこしピューレの販売数は、350袋。 表示だけを貼った簡単なパッケージ。 パッケージにお金は掛けなくとも、中身で勝負。

 製品シールには、"「無農薬のとうもろこし」を皮を取り除かずに、じっくり、じっくり丁寧にすりすぶしました。だから栄養は、そのままに、なめらかで、口どけの良いピューレに仕上がりました。防腐剤や保存料は、使っていません。 高温殺菌することで、常温でも長持ちするように加工しています。」"とのメッセージ。

 普通、レトルト食品の賞味期限は、2年間で、今さんのピューレも2年間の賞味期限だが、今さんは、「あまり長いと、何か入れているように誤解されるようで嫌だから」と半分の1年にしている。実際は2年間は大丈夫。今さんこだわりの独自の賞味期限。
 今後、人参、かぼちゃ等のレトルトパック野菜シリーズを考えているという。


今ファミリーファームの「とうもろこしピューレ」

価格:1パック 470円(税込)
原材料:とうもろこし(青森県産)
内容量:200g
賞味期限:製造年月日から1年
保存方法:直射日光を避け常温で保存


[お問い合わせ]

今ファミリーファーム
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字北浮田町字外馬屋前田
TEL:0173-72-3602
http://www.konff.com/


掲載日 2014.1.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.