トップページ > 知る > 【連載】産地レポート > 2013年11月号:浅虫久栗坂の伝統野菜「笊石かぶ」・・・ 白坂ミヤさん(青森市)

産地レポート 〜 生産者の声 〜

浅虫久栗坂の伝統野菜「笊石かぶ」・・・ 白坂ミヤさん(青森市)

写真

 各地域に昔から栽培されている「伝統野菜」というものがある。 青森で言えば、このHPでも紹介した弘前市一円で作られていた「清水森ナンバ」、青森市の「筒井紅かぶ」、南部方面で作られている「糠塚きゅうり」等々。 そして、今回ご紹介するのは、青森市浅虫久栗坂で守られてきた「笊石かぶ」。 葉柄及び葉は緑で、根部のかぶは表皮が薄紅色、内部は若干、赤味をおびる。形状はやや球状。糖度は3.9。

写真
赤い色素が入っています。

写真
笊石かぶは扁平
写真
白坂ミヤさん

 このかぶを守ってきたのが、白坂 ミヤさん。ミヤさんが嫁いできた以前から、姑が作っていたという。 ミヤさんが一人で作り始めてから、かれこれ約24年。今では「笊石かぶ」の生産者は、一人だけになった。

 ミヤさんが作り続けてきた理由は?

 「昔、浅虫温泉にきたお客さんが、笊石かぶの漬け物を食べで、美味しくて、知り合いの岩手大学の農学博士だった石田博士に伝えだんだそうで、その博士が来て、これば絶やせばまいねと言うんで、作り続けてきたのさ。」
 これが、一つ目の理由。
 その頃は、まだ、農協婦人部が、各戸から持ち寄った笊石かぶで漬け物を漬け、販売していたという。浅虫温泉でもそれを出していたのだという。糠漬けの丸漬けだった。

 そして、もう一つの理由。
 「息子がこの笊石かぶの漬け物でねばまいねと言うのさ。固くて、歯ごたえがあって、少し辛みがあるのがいいんだとさ」と言う。
 これが、作り続けてきた2番目の理由。

写真
一人で守ってきた白坂さん

 さて、今年の出来だが、あまり良くないという。 天候不順も加わり、出来はイマイチだという。

写真
もう時期冬を迎える畑

写真
抜いてしまった株後


掲載日 2013.11.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.