トップページ > 知る > 【連載】産地レポート > 2013年7月号:なまず…福地なまず養殖出荷組合(南部町)

産地レポート 〜 生産者の声 〜

なまず…福地なまず養殖出荷組合(南部町)

写真

 7月と言えば土用の丑の日。樋口 一葉をはじめ、明治、大正、昭和とウナギ好きの文人達が多く、その著書にも記されている。
 ところが、天然のニホンウナギの稚魚は年々減少し、2013年2月1日、 環境省が「絶滅危惧種」に指定した。指定には法的な規制力はなく、漁獲や取引は制限されない。供給不足を補うため、水産庁は中国、台湾との共同資源管理に着手するというが、こちらも資源の減少が続き、先行き不安である。

写真
こんにちは「ナマズ」です

 ウナギに代わるものとして、浮上してきたのが、「ナマズ」。ウナギの資源減少に伴い、ウナギと食感の似ているナマズが注目され始めている。

 日本在来の淡水魚は雑食のものが多く、在来魚としては、ナマズは数少ない大型の肉食魚。大きな体をくねらせてゆったりと泳ぎ、扁平な頭部と長い口ヒゲ、貪欲な食性を特徴とするナマズは、古代から食用魚だった。養殖うなぎの産地愛知県西尾市一色町では、シラスウナギの不漁が続く中、 うなぎの代わりに食用のなまずを養殖する試みが、2012年から始まり、出荷が本格的に始まっているという。

写真
体長40cmほど
写真
雄の尾

 実は、青森県でも20年来ナマズを養殖している人達がいる。 「福地なまず養殖出荷組合」組合員6人。

 南部町旧福地村は、青森県の南東、三戸郡の東側に位置し、村の中央を馬淵川が流れる。川沿いに水田が広がり、丘陵地には、畑、果樹園、山林が続く自然豊かな所である。

写真
雌は尾に切れ目がない
写真
福地ナマズ養殖出荷組合の皆さん
写真
馬淵川

 ナマズに取り組んだ理由は、昭和63年、竹下内閣の「ふるさと創生一億円」の提唱を受けて、昔から、馬淵川に生息しているナマズをシンボルとして利用し、イベントの開催(ナマズが主役のイベント「ジャックド祭り」は今でも行われている。)やナマズ公園の整備、ナマズの養殖などさまざまなことを行おうという「ナマズの里づくり」を目指した。
 「なまず研究会」を発足、養殖の研究に乗り出し、ふ化した稚魚を放流できるようにもなった。「なまず研究会」は、平成5年に現在の「福地なまず養殖出荷組合」となった。組合が養殖しているのは、ニホンナマズ。

写真
今日も元気かな?と夏堀さん
写真
小笠原さんと夏堀さん
写真
庭田さんと小笠原さん
写真
ジャックド祭りの打ち合わせ

 日本での主なナマズの種類は、アメリカナマズとニホンナマズ。 アメリカナマズは、外来種であり、ニホンナマズは、昔から日本の河川に生息し、アメリカナマズより味が良い。

写真
口先の赤色は喧嘩の傷
写真
あごの下のひげは幼魚は6本
成魚になると4本に
写真
ナマズは筒の中が好き
写真
あっ!すり抜けた

 ナマズは、川魚特有のクセがあまり無く、見た目はグロテスクだが、白身で淡泊。食べると以外な程美味しい。海外では食用の魚として人気で、アメリカでは安価な白身の魚として一般的だという。 因みに英語ではナマズは「catfish」(キャットフィッシュ)。名前の由来は猫みたいな口ひげだという。
 ナマズは夜行性で雑食・肉食性で共食いもする。 そのため、同じ生簀に何匹も入れられない。至って、養殖には難しい魚類である。他県から、講師を呼び、産卵から稚魚の成育までを試行錯誤しながらやってきた。

 このような歩をしてきた組合だが、エサ代がかさむ割には売れない。
 水産資源の豊富な八戸市が近いため、わざわざ川魚を食べる必要がないなどの理由で、経営は苦しい。1匹2500円で販売してきたが、今では1500円前後での販売も致し方ないという。
写真
エサ
写真
成魚用エサは大きく
写真
稚魚用は小粒

 組合員は全員、他に生業をもっており、養殖に全面的に従事するわけにはいかず、稚魚は茨城から買っているが、経営難で今年は近くの川にいるナマズを捕獲し、稚魚を育てたいという。

 エサは? 育て方は?と研究を積んできた組合の技術は、今も生きている。 20年来の積み重ねは無駄ではない。それどころか財産だ。
 「養鰻業者が、ナマズの飼育を始めるという昨今、今後の生き残りの道があるのではないか、産業としても今がチャンスではないだろうか」と、組長の小笠原さんは言う。

写真
とまべち亭 高田さん

写真
今後の販促計画を相談 写真
養殖池に煙が上がる
写真
皮7、身3の割合で焼く
写真
生産のプロと料理のプロ

 そのうち「うな重」が"ナマ重"に変わる日が来るかもしれない。

写真
ナマ重です
写真
ナマズの将来を明るく考えよう!

ジャックド祭り

http://www.jakkudo.com/
2013年7月13(土)・14日(日)
ナマズが主役の?お祭り
※「ジャックド」とは、県南地方の方言で"たくさん"という意味。

〈和食処 とまべち亭〉

青森県三戸郡南部町大字苫米地町中22
電話:0178-84-3956
営業時間:午前11:30~午後 2:00・午後 6:00~午後10:00
定休日:毎週月曜日 第2日曜定休。
※2~3日前までに要予約


 

 
掲載日 2013.7.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.