トップページ > 知る > マーケティング情報> 平成19年度マーケティング調査結果サマリーVOL.4

マーケティング情報


平成19年度 青森県産品に関するマーケティング調査結果 サマリーVOL.4(特定テーマ「米」)


サマリーの概要


第4回 特定テーマ「米」

詳細は以下PDFをご参照ください。

pdf 平成19年度 青森県産品ベンチマーク調査結果報告書(PDF:3.5MB )

次回は、「青森県産の米の評価について」についてお知らせいたします。


Q1:普段購入する米の容量

  • 全体では、「5kg」が37.3%と最も多く、次いで「10kg」が28.4%、「購入しない」が19.3%
  • 地域別にみると、東北では「30kg」が18.0%、「購入しない」が31.6%と他地域と比較して多いのが特徴的
  • 年代別にみると、若いほど「購入しない」への回答が多いことが特徴的

Q2:普段購入する米の価格

  • 1kgでは1,868円、2kgでは1,458円、5kgでは2,194円、10kgでは3,473円、30kgでは8,193円が、購入する米の平均価格

Q3:米を購入する際の重視点

  • 「非常に重視する」と「重視する」の合計は、「味」が87.0%と最も多く、次いで「価格」が86.8%、「容量」が62.1%、「産地」が62.3%、「ブランド名」が56.0%

【図表1 米を購入する際の重視点 】
図表1米を購入する際の重視点

Q3-1:米を購入する際の重視点・「容量」

  • 地域別にみると、関東では重視度が比較的高い
  • 消費者構造別にみると、ターゲット層では「非常に重視する」と「重視する」の合計が72.8%と他の層と比較して高い

Q3-2:米を購入する際の重視点・「価格」

  • 全体では、「非常に重視する」と「重視する」の合計は86.8%
  • 年代別にみると、50代の重視度が比較的高い

Q3-3:米を購入する際の重視点・「味」

  • 全体では、「非常に重視する」と「重視する」の合計は87.0%
  • 地域別にみると、関西で重視度が比較的高い
  • 年代別にみると、年齢が高くなるに従い重視度が高まる傾向
  • 消費者構造別にみると、「非常に重視する」と「重視する」の合計がターゲット層で95.2%、ターゲット予備層で93.3%と他の層と比較して高い

Q3-4:米を購入する際の重視点・「産地」

  • 地域別にみると、東北では重視度が比較的高い
  • 年代別にみると、年齢が高くなるに従い重視度が高まる傾向
  • 消費者構造別にみると、「非常に重視する」と「重視する」の合計がターゲット層で79.5%、ターゲット予備層で75.5%と他の層と比較して高い

Q3-5:米を購入する際の重視点・「ブランド名(コシヒカリなど)」

  • 全体では、「非常に重視する」と「重視する」の合計は56.0%
  • 地域別にみると、東北では重視度が比較的高い
  • 年代別にみると、おおむね年齢が高くなるに従い重視度が高まる傾向
  • 消費者構造別にみると、「非常に重視する」と「重視する」の合計がターゲット層で71.0%、ターゲット予備層で64.2%と他の層と比較して高い

Q3-6:米を購入する際の重視点・「無洗米」

  • 全体では、「非常に重視する」と「重視する」の合計は17.7%
  • 地域別にみると、東北では重視度が比較的低い
  • 消費者構造別にみると、「非常に重視する」と「重視する」の合計がターゲット層で18.3%、ターゲット予備層で19.6%と他の層と比較して高い

Q3-7:米を購入する際の重視点・「特別栽培米」

  • 全体では、「非常に重視する」と「重視する」の合計は11.5%
  • 地域別にみると、関東と九州で重視度が比較的高い
  • 年代別にみると、おおむね年齢が高くなるに従い重視度が高まる傾向
  • 消費者構造別にみると、「非常に重視する」と「重視する」の合計がターゲット層で19.0%、ターゲット予備層で15.4%と他の層と比較して高い

Q4:好みの米の産地

  • 全体では、「新潟県」が28.6%と最も多く、次いで「秋田県」が21.3%、「宮城県」が11.1%
  • 地域別にみると、東北では同地域の米が好まれる一方、新潟県の米は好まれていないこと、九州では福岡の米が好まれていること等が特徴的
  • 年代別にみると、年齢が若いほど「新潟県」の米を好むこと、60代は宮城県の米を好むこと等が特徴的

【図表2 好みの米の産地 】
図2好みの米の産地

Q5:特定産地を好む理由

  • 全体では、「おいしいから」が62.3%と最も多く、次いで「品質がいいと思うから」が31.4%、「地元だから」が29.3%
  • 地域別にみると、東北では「地元だから」との理由が多い
  • 年代別にみると、「品質がいいと思うから」「安全だと思うから」「いつも食品を購入する店で売っているから」は年齢が高いほど多いこと、「地元だから」「ブランドだと思うから」は20代で多いことが特徴的
  • 消費者構造別にみると、ターゲット層で「品質がいいと思うから」および「安全だと思うから」との理由が多いことが特徴的

【図3 好みの米の産地】
図3好みの米の産地

情報掲載:2008年5月1日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.