トップページ > 知る > マーケティング情報> 平成19年度マーケティング調査結果サマリーVOL.1

マーケティング情報


平成19年度 青森県産品に関するマーケティング調査結果 サマリーVOL.2(青森県産品のイメージ、総合的な魅力度


サマリーの概要


第2回 青森県産品のイメージ、総合的な魅力度

Q1:青森県への訪問経験
  • 全体では、「行ったことがない」が65.7%と最も高く、次いで「1〜2回行ったことがある」が24.2%。
  • 地域別にみると、青森から遠い地域ほど訪問経験が少ない傾向。
  • 年代別にみると、年齢が若い人ほど訪問経験が少ない傾向。
Q2:青森県産品のイメージ[ポイント]
  • 「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせると、「素朴である」が71.0%と最も多く、次いで「味がよい」が53.3%、「新鮮である」が51.4%、「品質が良い」が48.9%、「安心して食べられる」が46.2%
  • 加重平均の推移をみると、特に「安心して食べられる」は年々増加傾向
  • 青森県産品の総合的な魅力度を平均得点化すると3.44
  • 青森県産品のイメージに関する各項目を平均得点化すると、「素朴である」が3.86と最も高く、次いで「味がよい」(3.59)、「新鮮である」(3.58)、「品質が良い」(3.55)、「安心して食べられる」(3.52)
  • 次に、総合的な魅力度を目的変数、項目別イメージを説明変数として重回帰分析を実施し、総合的な魅力度への影響要因として「味がよい」「安心して食べられる」「ブランド品がある」「PRされている」「新鮮である」「価格が安い」の6要因を抽出
  • 「味がよい」は、イメージの浸透度が高く、魅力度への影響も大きいので、現状のイメージを維持することが重要
  • 「安心して食べられる」は、イメージの浸透度が比較的高く、魅力度への影響も大きいので、現状のイメージを維持することが重要
  • 「ブランド品がある」は、イメージの浸透度は比較的低いが、魅力度への影響は認められるので、今後、充実させることが必要
  • 「PRされている」は、イメージの浸透度は低いが、魅力度への影響は認められるので、今後、充実させることが必要
  • 「新鮮である」は、イメージの浸透度が高く、魅力度への影響もあるので、現状のイメージを維持することが重要
  • 「価格が安い」は、イメージの浸透度は低いが、魅力度へのマイナス方向への影響は認められるので、今後、単に安価であるとのイメージを定着させないことが必要
  • 「素朴である」や「品質が良い」のイメージは浸透しているものの、青森県産品としての魅力度には影響していない
  • 一方、「ブランド品がある」や「PRされている」のイメージは浸透していないが、青森県産品としての魅力度を高めるうえでは重要な要因

【図表1 青森県産品のイメージ】
図表1青森県産品のイメージ

【図2 青森県産品のイメージ及び魅力度の平均得点】
図2青森県産品のイメージ及び魅力度の平均得点
【図3 青森県産品の魅力度への影響要因】
図3青森県産品の魅力度への影響要因

  1. 味がよい
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて53.3%。
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が88.7%、イメージ先行・食品無関心層では同じく88.0%と、その他の層と比べて高い。
       
  2. 新鮮である
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて51.3%
    • 年代別にみると、年齢が高くなるに従いイメージも高まる傾向
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が87.1%、イメージ先行・食品無関心層では同じく79.3%と、その他の層と比べて高い。
       
  3. 品質が良い
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて48.9%
    • 年代別にみると、年齢が高くなるに従いイメージも高まる傾向にあるが、特に20代でイメージが高いことが特徴的
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が87.1%、イメージ先行・食品無関心層では同じく86.0%と、その他の層と比べて高い
       
  4. デザイン・センスが良い
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて8.7%
       
  5. 個性的である(特色がある)
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて30.1%
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が56.1%、イメージ先行・食品無関心層では同じく42.0%と、その他の層と比べて高い
       
  6. 素朴である
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて71.0%
    • 年代別にみると、年齢が高くなるに従いイメージも高まる傾向にあるが、特に20代でイメージが高いことが特徴的
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が90.1%、イメージ先行・食品無関心層では同じく85.4%と、その他の層と比べて高い
       
  7. 表示などの商品情報は充分である
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて16.8%
    • 年代別にみると、年齢が高くなるに従いイメージも高まる傾向にあるが、特に20代でイメージが高いことが特徴的
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が39.2%、イメージ先行・食品無関心層では同じく29.3%と、その他の層と比べて高い
       
  8. PRされている。
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて17.2%
    • 地域別にみると、東北や九州ではイメージが高い
    • 年代別にみると、20代でイメージが高いことが特徴的
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が36.6%、イメージ先行・食品無関心層では同じく34.0%と、その他の層と比べて高い
       
  9. 価格が安い
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて9.8%
       
  10. 手に入りやすい(流通している)
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて15.0%
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が30.8%、イメージ先行・食品無関心層では同じく31.3%と、その他の層と比べて高い
       
  11. ブランド品がある
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて29.3%
    • 地域別にみると、九州では比較的イメージが高い
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が50.2%、イメージ先行・食品無関心層では同じく54.0%と、その他の層と比べて高い
       
  12. 安心して食べられる。
    • 全体では、「非常に当てはまる」「当てはまる」をあわせて46.2%
    • 地域別にみると、東北では比較的高いイメージ
    • 年代別にみると、年齢が高くなるに従いイメージも高まる傾向にあるが、20代でイメージが高いことが特徴的
    • ターゲット層では「非常に当てはまる」「当てはまる」の合計が84.9%、イメージ先行・食品無関心層では同じく80.7%と、その他の層と比べて高い
       
  13. 青森県産品の魅力度
    • 青森県産品の総合的な魅力度は、全体では「非常に魅力的である」「魅力的である」をあわせて43.9%
    • 地域別にみると、東北が48.4%と最も高い
    • 年代別にみると、年齢が高くなるに従い評価も高まる傾向
    • ターゲット層では「非常に魅力的である」「魅力的である」の合計が75.8%、イメージ先行・食品無関心層では同じく64.0%と、その他の層と比べて高い
       

情報掲載:2008年3月1日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.