トップページ:あおもり食のエリア > 十和田・三沢 食のエリア:のへじ北前ラーメン

《あおもり食のエリア》十和田・三沢 食のエリア
コレ食べて!
黄金色のスープがカワラケツメイ麺に絡む奥行のある一杯

のへじ北前ラーメン


のへじ北前ラーメン

  地元で体に優しい薬草茶として古くから親しまれている「河原決明(カワラケツメイ)」を練り込んだ麺が特徴のラーメン。ホタテの旨みを感じる金色に澄みきったスープに、コシのある細縮れ麺が絶妙に絡みます。トッピングは、鉄道ファンにはおなじみの野辺地駅名物「とりめし」駅弁にちなんだ「鶏チャーシュ」をメインに、ベビーほたてなど、野辺地町の魅力がたっぷり入ったご当地ラーメンです。提供店によって、味やトッピングが異なりますので、その違いをお楽しみください。

写真
カワラケツメイ
写真
野辺地産ほたてを使用

提供店マップ

QRコード 地図からお店を検索することができます。(下のリンクをクリックして下さい。 )

上記マップの掲載内容については、予告なく変更になっている場合がありますので、 正確な情報は必ず各店舗にお問い合わせください。


事務局(お問合先)

野辺地町観光協会

  • 住所:青森県上北郡野辺地町字中小中野17-17
  • 電話:0175-64-9555

のへじ北前ラーメンのトリビア

  • 「のへじ北前ラーメン」の条件は、一、野辺地特産カワラケツメイの微粉末・濃縮液を練り込んだ細縮れ麺。一、野辺地産ほたてをスープに加える。 一、スープは黄金色。 一、トッピングに野辺地名物とりめし弁当を彷彿とさせる「鶏チャーシュー」を使用する。の4つ。
  • 「カワラケツメイ」は、マメ科の一年草。野辺地町では、江戸時代(文化・文政)の頃からお茶や茶がゆの原料として親しまれており、これまで、そばやうどん、菓子などにも応用されてきました。「のへじ北前ラーメン」は、カワラケツメイを活用した町おこしの一環として、企画されたものです。
  • ラーメンに付けた「北前」の名は、カワラケツメイを飲用する習慣が、北前船で上方から伝わったとされることにちなんでいます。

コレもおすすめ!

十和田・三沢 食のエリアの登録料理

写真
十和田バラ焼き

三沢米軍基地前の屋台が発祥という十和田市民のソウルフード。
写真
十和田おいらせ餃子

地元のこだわり食材をふんだんに使用
写真
十和田湖ひめます料理

十和田湖の名産。繊細で美味!
写真
三沢ほっき丼
<期間限定>
冬の貝の王様!旨味たっぷり!
写真
チーズロール

日米合作のご当地グルメ!三沢市民のソウルフード。
写真
七戸バーガー

七戸町自慢のご当地バーガー
写真
三沢パイカ料理

コラーゲンたっぷりの新名物
写真
米粉ごぼううどん

米粉ならではのつるつる&もちもちした食感に、ふんわり香るごぼうの風味。
写真
おいらせだるま芋へっちょこ汁

銀の鴨、だるま芋など、おいらせの厳選素材が詰まった極上すいとん。

 


こちらもチェック!

十和田・三沢 食のエリアのうまいものたち

写真
野辺地葉つきこかぶ

フルーツ感覚で生のまま、皮を剥いてかぶり!とっても甘く、ジューシーなかぶ。
写真
牛蒡茶

香ばしい香りとごぼう特有の甘味が感じられる、ノンカフェイン飲料。
写真
黒にんにく

青森県産のにんにくを「熟成発酵」させた黒いにんにく。
写真
しらうお

小川原湖のしらうお水揚量は年間約700トンと全国一!

周辺産直情報(県内直売所情報)

十和田・三沢 食のエリアの郷土料理

観光情報(外部サイト「青森県観光情報アプティネット」へリンクしています)

掲載日:2014年3月1日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.