トップページ > 調理する > 県産品活用レシピ >「あおもり食の達人」レシピ

「あおもり食の達人」レシピ


日本料理

赤頭カレイの黄金焼き

料理写真 材料(5人分)

【A】
カレイ…5枚 
リンゴキムチ…50g
嶽きみ…40本
姫たけのこ…30g
卵…1個半
長ねぎ…1/4本
生パン粉…40g
塩胡椒…少々
白ワイン…50cc
薄口しょうゆ…大さじ1、 砂糖…大さじ1/2、 ナツメグ…少々、
卵白(メレンゲ)…少々、 はじかみ…5本

【B】[長いも田楽]
長いも…30g、 味噌…30g、 卵黄…少々、 砂糖…5g、
だし汁…7cc、  酒…7cc、  山椒の…適宜

【C】[夫婦ウニ] (1切れ5cm×2cm ×60切れ)
生ウニ…300g、 牛乳…1リットル、 ホワイトブイヨン顆粒…大さじ1.5、 棒寒天…2本

県産食材
カレイ(鯵ヶ沢町)旬11月〜3月、りんごキムチ(平賀産)、嶽きみ(鰺ヶ沢町)、姫たけのこ(鰺ヶ沢町)

作り方

【A】
  1. カレイを背の方から観音開きにする。白ワイン、塩胡椒、ナツメグ少々を加え、味付けする。
  2. 姫たけのこを細長く切り、長ねぎは長さ4cmくらいの縦長に切る。りんごキムチ、嶽きみ(実の部分だけ)、卵1個半、薄口しょうゆ、砂糖、生パン粉を全部混ぜ合わせ、カレイの上にのせる。
  3. ガスオーブン又はフライパンの上に、アルミで包み、約15分焼く。
  4. 焼きあがったら、メレンゲ少々を上にのせて飾って仕上げる。

【B】

  1. 長いもの皮をむき、厚さ1.5cmの六角形にカットして、5分くらい茹で上げたものを冷水に浸し、ペーパータオルで水分をとる。
  2. 長いもを棒くしに刺し、アの味噌をつけて焦げ目がつくように焼き上げる。

【C】

  1. 棒寒天は、水につけてやわらかくしておく。
  2. 寒天を絞り、牛乳、ホワイトブイヨンといっしょに、中火で全体が溶けるまで煮込む。
  3. 生ウニは蒸してから器に敷き詰め、2の牛乳寒天を流し込み冷やす。
  4. 固まったら、小さくカットする。

【盛り付け】
皿にAの赤頭カレイの黄金焼きとBの長いも田楽、C夫婦ウニを盛り付け、はじかみを添え、山椒の葉を飾って仕上げる。

料理写真備考

平成17年7月26日 あおもり食の達人料理講習会レシピ
講師:網野榮一郎氏(鯵ヶ沢町 網野仕出し店)

(1人分)
カロリー     477kcal
たんぱく質   41.4g
塩分       3.7g

レシピ No.17-3


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.