トップページ > 調理する > 下ごしらえ道場 > サクラマスのさばき方(三枚おろし)

サクラマスのさばき方(三枚おろし)

大きな魚で三枚おろしができるようになると、色々な魚をさばけるようになりますので、ぜひ覚えておきましょう。

1.包丁の背を使って鱗をとり、頭を切り落として、腹を切ります。

2.腹から内臓(はらわた)を取り出し、血合い(赤で囲まれた部分)を水で流しながら取り除きます。

【 ワンポイントアドバイス】
歯ブラシを使うと、骨の間に入り込んだ血合いまでキレイに簡単に取り除けます。

ここまできたら、あとは三枚におろすだけ。

3.背骨にそって包丁を入れ、尾の方に向かって最後まで腹を切り進め、裏返して背側も切り進める。切りきると1枚目ができあがり。

4.3と同じ要領で背骨にそって切り進め、最後まで切りきると、最初の1枚目と背骨と残りの半身の3枚となる。

5.腹骨を薄く切り取り、ハラスの部分を切り取ったら、三枚おろしの完成!

サクラマスは捨てるところのない魚。
頭や骨などのアラは汁物に、
ハラスの部分は焼いて食べると、
脂がのっていてとてもおいしいです。

今回は、わかりやすく説明するため、頭を切り落としてから、腹を割いて内蔵を取り出しましたが、なるべく魚の身に水がかからないよう、血合いを取り除いた後に頭を切り落とす場合もあります。



バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.