トップページ > 調理する > 下ごしらえ道場 > ガサエビ(シャコ)のゆで方・むき方

ガサエビ(シャコ)のゆで方・むき方

写真 津軽のお花見に欠かせない「ガサエビ(シャコ)」。 青森産は、全長が15センチ〜20センチほどで、他の地域で水揚されるモノよりも大きいのが特徴。江戸時代には茹で上がったときの紫褐色が花の「シャクナゲ」に似ていると言われ、「シャクナゲ(シャクナギ)」と呼ばれていたそうです。

ガサエビの茹で方

画像 画像
水できれいに洗います。   鍋にお湯を沸かし、沸騰したら、塩・酒を入れ、ガサエビを入れます。
画像 画像
ゆで時間は大体15分程度。色が赤くかわってきます。   心配な方は、ガサエビの耳を折って食べてみて。火が通っていれば大丈夫。
画像  
ゆであがり!    

ガサエビのむき方

画像 画像
頭をキッチンハサミで切り落とす。   両サイドをハサミで切る。
画像 画像
尾を三角形(V字)に切る。   尾の方から開いていく。
画像 画像

背中も丁寧に。

  できあがり!

以下のページもご覧ください。



バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.